あごやほほニキビができやすいのは内臓が悪いの?

あごやほほニキビができやすいのは内臓が悪いの?

あごやほほにニキビができやすい…。

 

しかも治ってはまたできて、の繰り返しでなかなか完治しなくてイライラしてしまうという人が多いのではないでしょうか。

 

 

実は、大人にできるニキビは単に皮脂の分泌が過剰なせいで起こる思春期ニキビとは違い、内臓と密接な関わりがあるのです!

 

あごやほほにできるニキビは、一般的に胃腸が弱っているときや疲れているときにできやすいとされています。

 

 

 

飲み会などが重なって、暴飲暴食が続いたりしていませんか?

 

不規則な生活で、夜食にカップラーメンや菓子パンなんかを食べたりしていませんか?
ギクリとしたあなたは、やはりニキビを改善していくためにも胃腸の調子を整えるために生活改善していかなければなりませんね。

 

 

 

それと同時にぜひおこなってほしいのは、ノンエー石鹸による洗顔ケアです。

 

朝晩としっかりノンエー石鹸の泡で気持ちの良い洗顔をするだけなので、普段忙しい社会人の方や子育てや家事に追われる主婦の方でも簡単におこなうことができます。

 

ノンエー石鹸をしっかり泡立てて、すでにできているあごやほほのニキビを潰さないように優しく泡で洗顔をしていきます。イメージとしては、手のひらが触れないように泡だけで洗っていく感じでしょうか。

 

 

優しくぬるま湯で洗い流して、押さえるようにタオルオフすればオッケーなので、これをとりあえず毎日実践してみてください。

 

 

ノンエー石鹸がしっかりニキビの原因である皮脂を取り除き、乾燥を防いで気になるあごやほほニキビをケアしていってくれます。

 

ぜひ食生活の改善とともにやってみてくださいね!

 

 

埼玉テレビ「アイ・コレ・アイ」でノンエーが紹介されていた!?